広島の開幕ローテーション争いが最終段階に入る。安定感のあるジョンソンと野村は盤石で、急成長を見せる2年目の岡田も有力。残りは3枠で、キャンプからアピールする若手と故障からの巻き返しを期す実績組が争っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)