開幕3戦未勝利のJ1広島は、前線の連係を見直している。攻撃時に工藤、柴崎、フェリペシウバの距離が遠く、孤立しがちだった点を修正。18日のアウェー札幌戦で3試合ぶりのゴールを挙げ、初勝利を呼び込む。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)