打撃が自慢のチームだが、大須賀康浩監督は「投手陣の調子も少しずつ上向いている」と期待を寄せる。対外試合解禁後の練習試合で破壊力を見せた打線の一方で、投手陣の失点も八試合で18。まずまずの結果を残した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)