三月初めの水曜日午後。至学館の校庭で、全力疾走して際どい飛球をキャッチするノックが繰り返された。最後の一人が捕れるまで続く練習に、選手たちが食らい付く。「まだまだ」「お願いします」。どの表情も生き生...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)