高知県の明徳義塾ナインは3月16日、出場校に30分ずつ割り当てられた甲子園練習に臨んだ。4季連続出場ながら、初めて足を踏み入れた選手も多く、独特の形をしたグラウンドの広さなどを、短い時間で徹底的にチ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)