赤ヘル戦士が病に立ち向かっている。1月に胃がんの手術を受けた広島東洋カープの赤松真人選手(34)が16日、術後初めて広島市南区のマツダスタジアムで練習した。「まさかこの年齢でなぜ俺が、と落ち込んだ日...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)