「今年もでっかいぞー!」。大蔵村の肘折温泉で、名物の巨大雪だるまが仕上がった。「おおくら君23世」と名付けられ、16日に肘折いでゆ館前で完成式が行われた。時々、雪が強く降る中、肘折保育所の園児8人や...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)