中川大志が持ち前の長打力で逆転勝利の立役者になった。1-1の八回2死満塁、3点を勝ち越す左越え二塁打を放った。1軍再合流初戦の前日は本塁打を打ったのに、直後の守備で失点につながる痛恨のトンネル。「申...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)