高校時代に静岡県内を沸かせた2人が、地元で二遊間を組んだ。広島の桑原(常葉菊川高出)が9番遊撃手で先発出場し、庄司(常葉橘高出)が六回から二塁の守備に就いた。ともに安打を放ち、大歓声を浴びた。  前...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)