東武鉄道(本社東京)が今年8月から、1966年以来半世紀ぶりに蒸気機関車(SL)を走らせる。先導するのはJR北海道が貸与したC11型207号機だ。観光列車「SL大樹(たいじゅ)号」の名前を冠した〝道...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)