聴覚障害者が補聴器を着けずにプレーするデフフットサルの日韓戦が16日、東京・大田区総合体育館で開かれる。日本代表の設楽武秀(群馬県立吉井高出身)は障害者スポーツへの関心を高めるきっかけにと、最高のパ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)