国民体育大会の天皇杯(男女総合)順位上昇に向けて、県などは競技力向上策を強化する。2016年の岩手国体は目標を10位台としたが38位に低迷した。新年度は日本代表クラスのコーチを招くほか、高得点を狙え...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)