大相撲春場所二日目の13日、西三段目13枚目の極芯道(兵庫県尼崎市出身)が粘って白星発進した。大元の強烈な突きに鼻血が流れ、土俵際まで追い込まれたが「意地でも勝ちたかった」と耐えてまわしをつかむと、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)