2000年10月に発生した鳥取県西部地震の震源域を囲む直径34キロ(鳥取、島根、岡山3県の計10自治体)の千カ所に地震計を設置し、内陸地震発生の仕組みを解明する「0・1満点計画」で、地震計やデータ送...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)