ビートの主産地の十勝管内で、雪解けを前にビートの「種まき」が本格化している。ピンクに着色された直径5ミリの種を、長さ1メートル、幅30センチの蜂の巣状になったペーパーポッド(紙筒)に入れる作業が3月...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)