ゲームカウント2-1で迎えた第4ゲーム。最後のポイントを決めた大森拓也(東洋大4年)は、左拳を握って控えめに喜んだ。3年ぶりの頂点に「うれしいというより、ほっとした」と表情を緩めた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)