先天的な背骨の障害「二分脊椎(にぶんせきつい)症」と闘う前橋市の会社員、福島壮気(つよし)さん(21)が陸上競技のやり投げで2020年の東京パラリンピックを目指している。さまざまな分野の専門家がボラ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)