東北楽天が逃げ切りに失敗して引き分けた。先発釜田佳直が5回3安打無失点と好投し、打線は六回に銀次、島内宏明の適時打で3得点するなど援護した。六回以降は救援した菅原秀、森原康平がリードを守ったものの、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)