打たれたことが収穫だった。先発登板した高梨が3回1失点。一回に長短3連打を浴びて先制されたが、二、三回を封じた。二回は2四球などで得点圏に走者を背負ったが、決定打を許さず。三回は打たせて取って3人で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)