栃木市出身で今年一月の箱根駅伝にそろって出場した法政大四年の生沢佑樹選手(22)と順天堂大三年の栃木渡選手(21)が七日、母校の市立大平東小学校に招かれ、全校児童約三百人の歓迎を受けた。二人は目標に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)