世界一奪還を目指す今回の日本代表には、5人の京都・滋賀関係の選手が選出されている。投手では平野(オリックス、鳥羽高-京産大出)と則本(楽天、八幡商高-三重中京大出)、捕手の小林(巨人、同大出)と炭谷...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)