障害者アルペンスキーのワールドカップ(W杯)白馬大会最終日は6日、北安曇郡白馬村の八方尾根スキー場で男女の視覚障害、立位、座位のスーパー大回転を2戦行った。1戦目では、男子座位の狩野亮(マルハン・長...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)