東京都は6日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催による経済波及効果は、招致が決まった13年9月から大会10年後の30年9月までの約17年間に、全国で32兆円程度になるとの試算を発表した。都内...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)