プロバスケットボールB1は5日、2試合を行った。東地区首位の栃木ブレックスは同2位のA東京と対戦、74-66で首位攻防戦を制した。通算成績は32勝8敗。ブレックスは長く相手にリードを許していたが、終...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)