名前も知らなかった選手が突然現れ、ピンチを救う。明徳義塾の試合で、そんな場面が年々、増えてきたと思うのは気のせいだろうか。  ここ数年の、夏の高知県大会決勝の最終回だけを見てもそうだ。1点を追う2...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)