2015年11月7日以来、483日ぶりのJ1勝利。決勝点を挙げた清水のエース鄭大世は、その瞬間をベンチで見届けた。体調が万全ではなく、主将は自ら交代を申し出た。「最後まで戦うことがいいのか迷ったが、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)