2017年の明徳義塾打線は、下位のしぶとさが光る。下位が小技や機動力を駆使して上位につなげば、得点の期待は高まる。チャンスを広げる走塁やバントを重視するのも、明徳の伝統だ。2016年秋の四国大会と神...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)