バットコントロールが巧みな藤田誠也は、同学年で最も早く先発入りを果たした。1年秋の中部地区大会順位決定戦で2点三塁打を含む3安打3打点。華々しい公式戦デビューを飾った。  イメージを体で表現すること...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)