東北楽天の安楽智大が、今季3度目の対外試合も無得点に抑え、開幕先発枠入りに半歩近づいた。過去2度の登板とは一変し、課題の残る内容だったが、4回無失点の粘りの投球。「悪いなりに、試合をつくることはでき...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)