「6番・中堅」で先発出場した聖沢諒が四回1死一、二塁、右越え3ランを放った。打った瞬間に入ると分かる一発に「狙った球をジャストミートできた。当たりは完璧」と自賛した。  内角の直球に絞っていた。根拠...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)