日本出身で19年ぶりに大相撲の横綱に昇進した稀勢の里(田子ノ浦部屋)の土俵入りに、岐阜県関市の刀匠25代藤原兼房(本名・加藤賀津雄(かつお)さん)と同26代(同・加藤正文実(まさふみ)さん)父子が合...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)