細やかな目配りができる主将として、チームの信頼を集める小柳廉。新チーム発足当初は池谷と竹内に次ぐ3番手の投手だった。ピンチの救援こそ真価を発揮し、ベンチにいることで安心感を与える存在だった。  打撃...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)