26日に開かれた第3回の「世界遺産姫路城マラソン」で、運営側は大会の特色を打ち出そうと、新たな工夫を凝らした。一定の記録を持つ選手や外国人向けの応募枠を設けて募集の仕方を変更。ランナーの受け止めや評...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)