日本相撲協会は27日、大相撲春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、19年ぶりの日本出身新横綱となる稀勢の里は「責任感が強くなる。うれしい半面、身が引き締まる」と決意を示し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)