俊足巧打が魅力の岡島豪郎が守備で光るプレーを見せた。フル出場した右翼で、二つの安打を処理した際に、いずれも走者を刺し、西武の反撃の機会をつぶした。「たまたまです」と照れ笑いを浮かべた背番号4に、梨田...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)