「3番・一塁」で先発出場した銀次が三、四回、二塁を守った。梨田昌孝監督からの指示だったことを明かし「誰かがけがをしても大丈夫なように、準備をしておく意味だと思う。やはり難しかった」と、さばさばと振り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)