0―1の点差以上に、清水の選手は試合後に脱力していた。「迫力ある攻撃ができなかった。J2と違ってスペースもないし、一瞬の判断の遅れも許されない。失点した後の試合運びも厳しかった」と主将の鄭大世は険し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)