今季の山形はビルドアップ(攻撃の組み立て)が戦術面の重要な要素だが、一方で厳しいJ2を勝ち抜くには守備の安定が不可欠。中心は3バックの真ん中のDF菅沼駿哉とGK児玉剛だ。26日の開幕戦で対戦する京都...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)