2020年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプの誘致が熱を帯びている。すでに、ブータン(陸上)が寄居町で、オランダ(空手)がさいたま市で、事前キャンプすることが決まっているが、東京に近い地の利を生...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)