明治北海道十勝オーバルで23日まで開かれた冬季アジア札幌大会のスピードスケート競技は、日本選手が史上最多23個のメダルを獲得し、国内最高などの好記録も誕生した。その舞台裏では、帯広の製氷技術者が選手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)