車いすバスケットボールの日本選手権で8連覇中の宮城マックス(仙台市)の選手らが22日、大崎市松山小を訪れ、同校と近くの下伊場野小の5、6年生の計91人と交流した。  児童にハンディキャップへの理解を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)