カザフスタンとの3位決定戦を完勝しても、気持ちが晴れるはずはなかった。昨季の世界選手権で銀メダルを獲得したカーリング女子のLS北見は、よもやの無冠で今季最後の大会を終えた。サード本橋は「悔しさいっぱ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)