札幌冬季アジア大会はジャンプの男子個人ラージヒル(ヒルサイズ=HS137メートル)が行われ、中村直幹(東海大)が255・3点で優勝した。1回目に141・5メートルの最長不倒でトップに立ち、2回目は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)