札幌冬季アジア大会でバイアスロン追い抜きに自衛隊勢の日本が臨み、男子12・5キロで立崎幹人が金メダルを獲得し、10キロスプリントの銅メダルに続く二つ目のメダルとなった。永井順二が5位、枋木司が7位...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)