日本の女子ソフトテニス界をけん引してきた東芝姫路の森原可奈(27)、深沢昭恵(26)が現役を引退した。最後の大会は1月末に大阪市で開かれた全日本インドア選手権で、2人はダブルスで出場。予選リーグで敗...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)