阪神ドラフト2位の新人右腕、小野泰己(富士大)が沖縄・宜野座のキャンプで存在感を高めている。力みのないフォームから150キロ台の直球を投げ、金本監督も「将来的に大エースになる可能性は秘めている」と期...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)