今季初実戦の松井稼頭央が日米通算24季目の経験を見せつけた。五回無死一、二塁、2番手の内海哲也から放った先制タイムリーは空いていた一、二塁間を破る巧打。「打ち損じないようにだけ意識した」といういぶし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)