公式戦本塁打ゼロの守備職人、阿部俊人がバットで存在感を示した。5点を追う八回2死一塁から右越えの2ラン。「風に乗ってたまたま入った」と本人は謙そんしたが、弾道は低く強烈。「(阿部の)あんな打球は初め...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)