県内一周大分合同駅伝競走大会第2日の21日、68歳の誕生日を迎えたばかりの今大会最年長ランナーで津久見市チームの石川章一選手=臼杵市役所=が出走した。4・7キロを走りきり、若い世代に勇気を与える懸命...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)