米大リーグ、カージナルスの元選手で37歳のリック・アンキール氏が20日、現役時代に制球難を克服しようと、酒を飲んで登板していたと告白した。AP通信が報じた。  同氏は2000年に11勝と将来を嘱望...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)